介護業界の最新情報をリサーチ!医療と介護の展示会「第10回メディカルジャパン大阪」に行ってきた!

介護EXPO大阪に行ってきた!

2024年1月17日〜19日の3日間、大阪市にあるイベント施設・インテックス大阪で開催された「第10回メディカルジャパン大阪」。6つの展示会が合同で開かれており、今回のお目当ては「介護&看護EXPO」。

  • 医療に関わる全国の企業が出展しているらしい
  • 介護関連の企業もたくさん出展しているらしい

そんな情報をキャッチした私たちは、介護業界の理解を深めるべく、参加してきました!

介護&看護EXPOが行われるメディカルジャパン大阪って、何?

メディカルジャパンは東京と大阪で定期的に開催されている、医療・介護の総合展示会。
感染対策・医療・介護・薬局・ヘルスケアに関わる企業が出展しています。
その数なんと約400社!3日間の総来場者数は9,832名という、業界関係者注目の大型展示会なんです。
医療や介護に関わる最新の情報・商品・サービスを知るには、うってつけのイベントですね。

※来場は事前登録制、業界関係者のみ。一般の参加は不可のためご注意ください。

メディカルジャパン・介護&看護EXPO大阪

入り口で会場案内図をもらったら、気になるブースを自由に見て回ります。

メディカルジャパン・介護&看護EXPO大阪たくさんのブース

会場はこんな感じで、たくさんのブースとお客さんで賑わっていました。

こちらから声をかけたり、企業の方から声をかけていただいたり。回った数が多すぎて全部は紹介できませんが、たくさんお話を聞いた中で、興味深かったものをいくつかご紹介しますね☆

最新介護製品で興味深かった6製品をご紹介

ニオイ漏れを防ぐゴミ箱「デオペール消臭おむつポット」:VENTURE ALLIANCE

おむつなどニオイの強いものを捨てるのに適したゴミ箱「デオペール消臭おむつポット」。
なんと抗菌作用もあるらしい!手を入れさせてもらいましたが、密着度がすごくて、これならニオイが漏れないのも納得です。

施設だけでなく、在宅介護や赤ちゃんのおむつなど、気になるニオイをシャットアウトしたい場面で幅広く使えそう。

デオペール消臭おむつポット

介護施設の個室や自宅のリビングにも置きやすい、場所を取らないスリムなサイズがいいですね。

石鹸不要で水だけで体を洗えるボディタオル

同じブースには石鹸不要で水だけで体を洗えるボディタオルも。介護現場はもちろん、災害時にも役立ちそうです。

体位変換や移乗もらくらく!「ホバーマット」:名優

エアーで浮かせることで、簡単に体位変換や移乗ができるマット。体位変換や移乗は作業をするスタッフはもちろん、介護される側の利用者さんにも大きな負担がかかります。ホバーマットを使えば、なんと利用者さんの体重が約10分の1に軽減されるそう!

これなら利用者さんの負担が減り、スタッフも腰痛に悩まされることなく楽に作業ができるのでうれしいですね。

ホバーマット

寝転んで体験させてもらいましたが、エアーのふわふわ感が心地よく、振動もなく快適でした。

体位変換や移乗もらくらく!「ホバーマット」

移動させるのも、軽々でびっくり!これなら女性でも1人でできちゃいます。
あまりの軽さに思わず「えぇ~すごーい!」と叫んだら、スタッフのお兄さんに「3日間で一番いいリアクションです」って言われちゃいました(笑)

会場をぐるぐる回って疲れた足もすっきり回復!マッサージ器具「B’Flow」:VIPグローバル

リンパを流して歩行と同じ効果が得られるこちらのマッサージ器具は、歩行が困難な方の血行促進に最適。血行が良くなって足が軽くなり冷えが取れることから、利用者さんだけでなく介護従事者からも評判がいいそうです。

マッサージ器具「B’Flow」
マッサージ器具「B’Flow」

水がぐるぐる回っている様子。このように遠心力で血液を上げているのだそう!ぶるぶる伝わる細かい振動で足がぽかぽか温まり気持ちよかったです。

車のフィルターメーカーが作るメイドインジャパンのマスク「纏」:ROKI

サージカルマスクレベル3の試験に合格した、医療や介護の現場で安心して使用できる本格マスク。空気から不純物を取り除くフィルター技術を持つROKIによる極細繊維の3層構造マスクは、ウィルスや花粉、PM2.5をしっかりカット!頬の隙間ができにくいオリジナルの形で作られているため、感染対策はばっちりです。

マスク「纏」
マスク「纏」

奥のマネキンにつけられた他社のマスクと比べて、手前のROKIのマスクは頬の隙間がほとんどありません。ノーズフィッターにはアルミを使用していて、長時間鼻の形にフィットするように作られています。どこにも隙間を作らない技術、すごい!

高カロリーで食べやすい「やわらかごはん」:食協

おかゆの3分の2の量で同等のカロリーがとれる、湯煎タイプのごはん。咀嚼・嚥下機能が低下している高齢者の方でも舌でつぶせてお米の食感をしっかりと感じられるため、おいしく楽しく食事をすることができます。

高カロリーで食べやすい「やわらかごはん」

試食させてもらいました。軟らかいけれどしっかりとお米感があり、満足感がありました。

アレンジ豊富やわらかごはん

そのまま食べるだけでなく、おはぎや丼にしても食べられるそう。アレンジ方法が豊富なので、介護現場で利用者さんを飽きさせずにいろんな食べ方で提供できそうですね。

タッチパネルで楽しく遊んで、脳トレをしよう!「CoCoRoMap」:健生

元々は児童発達支援や放課後等デイサービスといった子ども向けに開発していたゲームを、介護現場でも利用できないかと開発・導入されたそう。大きな画面で楽しく遊びながら、反射神経を鍛えたり脳トレをしたりすることができます。

CoCoRoMap

たくさんのゲームがあって、どれにするか迷う~!これだけあれば、飽きずにずっと遊べますね。

CoCoRoMap

難易度:難しいは、めちゃくちゃ難しかったです……。

介護業界の今を知る、よき時間になりました

いろんなブースでたくさんの方からお話を聞いて、とっても勉強になりました!
日頃使っている身近な商品から介護現場に行かないとなかなかお目にかかれないものまで、介護業界の幅広い知見にふれる、有意義な一日でした。
メディカルジャパン大阪は来年2025年3月に第11回の開催が決まったそうなので、気になる方はチェックしてみてくださいね。

メディカルジャパン大阪・介護&看護EXPO

キャリアアドバイザー城月のひとこと

人手不足を解消し、利用者さんも介護従事者も楽しく過ごすための、たくさんの新しい技術や商品があることをメディカルジャパン大阪・介護&看護EXPOに参加して知ることができました。

汚い、しんどいなど介護にネガティブなイメージを持っている方にも、イメージを覆す明るい印象を持ってもらえる商品がたくさんあったのでは?

日に日に進化する介護商品から、目が離せません!これからも最新情報をチェックして、みなさんにお届けできればと思います。


【この記事を書いた人】

尾西 美菜子

印刷会社の企画編集部門でライターとして働いたのち、医療業界へ転職。現在は歯科助手として働きながら、フリーライターとしても活動する。趣味は御朱印集め、サッカー観戦、読書。

X(旧twitter) @minako_writer

2024年2月5日公開(ひょうご介護アナウンス編集部)