有料老人ホームとはどんなところ?役割や仕事内容、その魅力を紹介

介護業界で働こうと考えている方の中には有料老人ホームを選択肢に入れている方も多いのではないでしょうか。

有料老人ホームの数は2018年の時点で約1万4千もあり(同じ入所系の介護事業所である特別養護老人ホームの数は約5千)、働き手にとって自身に合う条件の施設を選びやすい状況と言えます。

そこで、今回は有料老人ホームに興味をもつ方に向けて有料老人ホームとはどのような施設でどういった特徴があるのか紹介をさせていただくので参考にしてみてください。

有料老人ホームとは

有料老人ホームとは老人福祉法(第29条)で以下のように定められた施設のことを言います。

有料老人ホーム(老人を入居させ、入浴、排せつ若しくは食事の介護、食事の提供又はその他の日常生活上必要な便宜であって厚生労働省令で定めるもの(以下「介護等」という。)の供与(他に委託して供与をする場合及び将来において供与をすることを約する場合を含む。)をする事業を行う施設であって、老人福祉施設、認知症対応型老人共同生活援助事業を行う住居その他の厚生労働省令で定める施設でないものをいう。

引用:老人福祉会

簡単に説明すると次のような条件を満たす施設が有料老人ホームとなります。

  • 特別養護老人ホームなどの老人福祉施設やグループホームではない。
  • 有料老人ホームへ入居した高齢者へ日常生活に必要な支援をしている。

※日常生活に必要な支援とは次のようなものになります。

  • 食事の提供
  • 入浴の介護
  • 排せつの介護
  • 洗濯や掃除などの介護
  • 利用者さんの健康管理

有料老人ホームの役割

有料老人ホームの役割は大きくまとめると施設に住む利用者さん の生活を支えることです。

利用者さんが安心かつ安全に過ごすことができ、それぞれが持つ生活へのニーズを満たせるように必要な支援とその住まいを提供することが大切な役割になります。

また、上記でお伝えしたような食事や入浴の介護などの日常生活に必要な支援を行うことも有料老人ホームにとって重要な役割です。

有料老人ホームの種類

有料老人ホームは3つの種類に分かれており提供されているサービスなどが異なります。

介護付き有料老人ホーム

介護付き有料老人ホームは「一般型特定施設入居者生活介護」と「外部サービス利用型特定施設入居者生活介護」と呼ばれる2種類があります。

  • 「一般型特定施設入居者生活介護」→施設の職員が利用者さんへ介護サービスを提供している。
  • 「外部サービス利用型特定施設入居者生活介護」→利用者さんへの介護サービスを提供していない。

※介護サービスを受けるには外部の介護事業所と契約をして介護サービスを受けることになります。

住宅型有料老人ホーム

高齢者向けの居住施設のことで生活に必要な支援などのサービス(介護保険を利用して行われるサービスとは異なる)が行われています。

利用者さんが介護を必要とする状態になれば介護事業所と契約をし、介護サービスを利用しながら有料老人ホームで生活を続けることが可能です。

健康型有料老人ホーム

全国的に見て施設の数は少ないですが、食事の提供などのサービスが行われている高齢者向けの居住施設のことを言います。

※利用者さんに介護が必要となった際には退去が必要です。

有料老人ホーム人員配置

介護付き有料老人ホームについては介護保険法に基づいて次のような人員配置の基準が設けられています。

  • 管理者→介護職員などとの兼務が可能
  • 生活相談員→常勤1人以上、利用者:生活相談員=100:1以上
  • 看護・介護職員→要支援者:看護・介護職員=10:1、要介護者:看護・介護職員=3:1

※ただし看護職員は要介護者等が30人までは1人、30人を超える場合は50人ごとに1人が必要になります。

計画作成担当者

介護支援専門員が1人以上で兼務が可能→※ただし、要介護者等:計画作成担当者=100:1を標準 

機能訓練指導員→1人以上で兼務が可能

有料老人ホームで働く際に必要な資格

介護付き有料老人ホームでは人員配置の基準とともに以下のように必要な資格についても定められています。

  • 管理者→特に必要な資格は定められていません。ただし、高齢者への支援する施設の管理を行うために社会福祉士、介護支援専門員などの資格を保有していることが望ましいでしょう。
  • 生活相談員→無資格でも業務に従事できますが社会福祉士や社会福祉主事任用資格などソーシャルワークにあたるための資格を保有していることが望ましいです。(※自治体によって生活相談員となるために必要な資格は異なります。)
  • 看護職員→看護師、または准看護師の資格が必要です。
  • 介護職員→無資格でも介護職員として業務にあたることは可能ですが、高齢者への介護支援を行うことから介護福祉士や介護職員初任者研修・介護福祉士実務者研修などを修了し資格を保有していることが望ましいと言えます。
  • 計画作成担当者→介護支援専門員の資格が必要です。
  • 機能訓練指導員→理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、看護師、准看護師、柔道整復師、あん摩マッサージ指圧師などの資格が必要となります。

有料老人ホームの設備

住宅型有料老人ホームや健康型有料老人ホームの設備は施設により様々です。豪華なゲストルームや図書室などがある施設もあります。

介護付き有料老人ホームの設備

介護付き有料老人ホームは介護保険法で設備の基準が定められており、それに基づいた次のような設備があります。

  • 介護居室→利用者さんが生活をする居室で原則として個室の設置がされておりプライバシーの保護へ配慮がなされています。また、居室は介護を行える適当な広さが確保されています。
  • 一時介護室→介護を行うための専用居室のことで、利用者さんは必要に応じて居室を移動して介護を受けることができます。(※居室で介護を行うことができる場合は一時介護室を設けなくても差支えがないとされており設置されているかどうかは施設によって異なります。)
  • 浴室→身体が不自由な方であっても入浴に適していることが条件となっています。1人用の浴室や機械により入浴のサポートを受けられる設備(機械浴と呼ばれるもの)などが設置されていることが多いです。
  • 便所→居室のある階ごとに設置され、非常用の設備を備えてある必要があります。多くの場合はトイレ内に職員を呼ぶことができるよう呼び出しのボタンなどが設置されているケースが多いです。
  • 食堂、機能訓練室→食堂や機能訓練室としての機能を果たせる広さが確保されている必要があります。
  • 施設全体→施設内は車いすでの移動がスムーズに行える構造である必要があります。

どのような方が有料老人ホームに入所しているのか

介護付き有料老人ホーム、住宅型有料老人ホーム、健康型有料老人ホームの入所の基準はおおまかにですが分かれており入所している利用者さんの状態は異なっています。

  • 介護付き有料老人ホーム→介護保険法によって認定される要支援・要介護と呼ばれる状態の高齢者が中心です。
  • 住宅型有料老人ホーム→自立と呼ばれる状態に近い方が多く入所されていますが介護が必要な方も入所されています。
  • 健康型有料老人ホーム→介護サービスの利用は必要ないけれども一人暮らしに不安を感じている方などが中心に入居しています。

提供しているサービス

有料老人ホームの種類ごとの、提供しているサービスは次の通りです。

  • 介護付き有料老人ホーム→食事や入浴、排せつの介護、健康の管理など利用者さんが生活をするために必要な支援を行っています。
  • 住宅型有料老人ホーム→介護付き有料老人ホームのような介護サービス以外の生活に必要な支援(食事の提供や安否の確認、健康状態のチェックなど)を行っています。
  • 健康型有料老人ホーム→自立した状態の入居者へ施設の特色に応じた生活のサポートをしています。
  • この他に、利用者さんごとの生活ペースに配慮した支援や関り、生活に楽しみがもてるように工夫されたレクリエーションや趣味などのサークル活動、外出の支援なども行われています。

※施設ごとに提供しているサービスの細かな部分は異なる。

有料老人ホームで働く人の一日

有料老人ホームで働いている職員の中心とも言える介護職員は24時間を交代しながら勤務しています。交代は2交代制(24時間を2つに分けた勤務)を採用している施設が多く、日勤と夜勤に分かれている場合がほとんどです。

介護職員の1日(例)を紹介しますので参考にしてみてください。

介護職員の1日・日勤の場合(例)

8:30 

  • 出勤
  • 夜勤スタッフから利用者さんの夜間の様子など申し送り事項を引き継ぎ、情報を共有する

9:30 

  • 利用者さんの見守り
  • 居室を訪問し利用者さんの様子や状態を確認

11:30 

  • 昼食の準備  

12:00 

  • 昼食
  • 食事の介助や見守り
  • 服薬の介助
  • 昼食後の口腔ケア

13:30 

  • 入浴
  • 入浴の見守りや入浴の介助   

14:30 

  • レクリエーション
  • おやつ  

17:00 

  • 夜勤スタッフへ利用者さんの日中の様子や状態などを引き継ぐ  
  • 夕食の準備

17:30 

  • 退勤

介護職員の1日・夜勤の場合(例)

17:00 

  • 出勤
  • 日勤スタッフから利用者さんの昼間の様子や状態などなどの申し送り事項を引き継ぐ

17:30 

  • 夕食の準備

18:00 

  • 夕食
  • 食事の介助や見守り
  • 服薬の介助
  • 夕食後の口腔ケア

20:00 

  • 就寝前の介助
  • トイレへの誘導などの排せつ介助
  • 着替えの介助
  • 居室への移動介助
  • 眠前薬の服用介助など

21:00 

  • 消灯
  • 定期的に居室を訪問し利用者さんの様子や状態を確認
  • 眠れない利用者さんの見守り
  • 必要に応じてトイレへの誘導やおむつなどの交換といった排せつの介助

※交代で休憩や仮眠を行う

6:00 

  • 起床の介助
  • 着替えの介助
  • 排せつ介助
  • 身だしなみを整える介助など

7:00 

  • 朝食の準備

7:30 

  • 朝食
  • 食事の介助や見守り
  • 服薬の介助
  • 朝食後の口腔ケア

8:30 

  • 日勤スタッフへの申し送りと引き継ぎ

9:00 

  • 退勤

※空いた時間に利用者さんの様子や行った介護内容を記録に残す作業をします。

有料老人ホームで働く魅力

有料老人ホームはバラエティに富んでいる

有料老人ホームは同じ入所系の施設である特別養護老人ホームやグループホームと比べると法人や会社、施設ごとの特色がバラエティ豊かです。

例えば、高級感を前面に打ち出したホテルのような施設もあれば、要介護認定や認知症のある方を積極的に受け入れているような介護に特化した施設もあります。

自分に合った施設を探すことができる

有料老人ホームは利用者さんへの対応が施設によって異なります。

例えば豪華な施設に見合ったきめ細やかな対応を提供している施設や、アットホームさを大切にしている施設など様々です。

自身の性格や介護観を踏まえ高齢者と向き合いたい姿勢や作っていきたい関係性とマッチする施設を探すことができるという魅力があります。

人の入れ替わりが少ない

入所系の施設全体に言えることですが、デイサービスのようにサービスを利用する方が日替わりで入れ替わることがないので、じっくりと利用者さんと関り合うことができ関係を築きやすいという魅力があります。

有料老人ホームで働く上で注意すること

施設によって働き方が異なる

魅力の紹介でも触れましたが有料老人ホームはバラエティに富んでいることから施設ごとに求められるスキルや業務の内容が異なります。

接遇に力を入れている施設であれば高級ホテルで求められるような丁寧なコミュニケーションのスキルが求められ、レクリエーションを重視している施設であれば利用者さんの特徴に合った内容でニーズを満たすことができるスキルを求められます。

同じ有料老人ホームであって施設によって求められるスキルや働き方が異なる点を理解しておきましょう。

体調の管理

夜勤があることがほとんどなので、どうしても不規則な生活になりやすく働き手は体調の管理を心がける必要があります。

有料老人ホームが向いている人の特徴

キャリアアップを目指している人

有料老人ホームは民間の会社が運営していることが多く、役職の種類や昇進の制度、資格の取得を支援する制度も様々です。

自分の望むキャリアアップのイメージを持っている方には有料老人ホームでの仕事は向いていると言えるでしょう。

働き方のビジョンがはっきりとしている人

「私はこんな働き方がしたい」というビジョンがしっかりとある方には有料老人ホームでの仕事は向いていると言えます。

例えば、深く認知症ケアに取り組みたい方には認知症ケアに力を入れている施設、他にも健康管理を重視している方には医療やリハビリに力を入れている施設などを選ぶことも可能です。

質の高いサービスを提供したい人

有料老人ホームは他の入所系の施設と比べ利用するために必要な料金が高額な場合が多く、それに見合った満足度の高いサービスを提供しようとしています。

質の高い介護のスキルや接遇の能力を身につけたい方には有料老人ホームでの仕事が向いていると言えます。

まとめ

有料老人ホームとはどのような施設なのか仕事内容や魅力などを紹介してきましたが参考になったでしょうか。

これまでにも触れましたが、有料老人ホームは施設ごとにバラエティに富んでいるので、自身の性格や希望する働き方を整理しそれに合った施設を選ぶことが可能です。

自身に合った施設を見つけ満足のいく働き方を目指してみてはいかがでしょうか。